【ネイティブに聞いた】#2 この英語表現の違いは何?(日常会話)

フレーズ&表現
この記事は約7分で読めます。

「ネイティブに聞いてみた」シリーズ第二弾です。

今回は、日常会話で使う二つの英語表現について質問をしてみました!

それでは早速入っていきましょう。

◆ I see. / I got it. / I understand. は違う?

「分かりました(理解しました)」という意味の英語表現はいくつかありますが、それらの違いをご存知でしょうか?

例えば以下のようなものです。

  • I see.
  • I got it.
  • I understand.

それぞれのニュアンスの違いをネイティブの方に質問してみました。

それぞれのニュアンスはどのように違うのでしょうか・・?

以下にコメントを紹介させて頂きます。

●英語ネイティブのコメント

Aさん

「I understand.」はフォーマル、後の二つはフォーマルでない口語的な表現だよ。

Bさん

一般的には全部同じ意味で良いんだけど、どういう状況で使われるかにもよるかな。

「I see.」は内省的な感じかな。

例えば、みんなで会話をしているときに緊張感をほぐすような意味で言ったりもするし、ストレスに圧倒されそうな状況で自分に向けて呟いたりもする。

「I got it.」は、相手を黙らせる意味で使ったりするよ。

集中している時に話しかけられたりするとね。

Cさん

「I see.」は中立的で、場合によっては、少し懐疑的ですらあるかもしれない。

弱めの反応だよ。

「話は聞いてるけど、全部は理解していない」っていう感じすらあるかも。

「I got it.」は、明確に理解したという強い肯定感があるね。自信すら感じられる。

「I understand.」も明確な理解したという肯定だよ。

でも、少し謝罪の感もあるかな。

例えば、間違いや責任を指摘された時の返答として使ったりする。

そういった状況で「I see」とか「I got it.」と言ったら、礼儀正しくない、もしくは変な感じになるよ。

Dさん

「I see.」は本当に良く理解しているイメージがある。

例えば、近くで良く聞いて、頷いて、でも話はそこでまだ終わっていなくて、聞き続けている感じかな。

「I got it.」は、それで会話が終わりの感じだな。

でも、言い方とか状況によって全然変わるから、絶対的なものじゃないよ。

Eさん

「I see.」は、ひらめいて納得した時とかに使うね。

あと、「I see.」は「I understand.」ほど同意の意味を含まないと思う。

「I got it.」は例えば、誰かが何を説明してくれたことに対して使うよ。

もちろん、他にも色々あると思うけど、要旨はこんな感じかな。

Fさん

誰かが説明してくれたことに対しては、「I got it.」が自然だよ。

「I understand.」はちょっと長いしね。

Gさん

大抵の場合は、「Got it」だね。「I got it」は言わないな。

でも、あえて強調したい時なんかに、例えば、何度も同じことを言われてイライラして「I got it !」ということはあるかも。

Hさん

「I got it」は「理解した」っていう意味以外にもなり得るよね。

「I understand.」の方がフォーマルではある。

でも、全部近い意味だから説明するのは難しいな。

「I see.」は「何故なのか」とか「知らなかったこと」が理解できたときに使う感じ。

「I understand.」は、道理や合理性を理解したときかな。

Iさん

「I got it」はフレンドリーで口語的な表現だね。

「I see.」「I understand.」は中立的で、「I got it」に比べれば口語性は少ないかな。

でも全部オッケーだよ、実用性という点では違いはない。

●まとめ

当然ですが、状況や言い方によっても違いがありそうです。

色々な意見を聞いていると何となくイメージが掴めてきそうですね!

「I got it.」

使う頻度が多い口語的でカジュアルな表現。

シンプルに「分かった!オッケー!」って感じの時はこれで良さそうです。

省略して「Got it」もいいですね。

このまま語尾を上げて、「Got it ?」=「分かった?」としても良いです。

「I see.」

「なるほど」「そうなんだ!」と納得する感じのイメージで合ってますね。

そのまま話を続けてもらうように、相槌みたいな感じでも使えるし、

「Oh, I see」と驚いたようにすると「ようやく分かった」という感じが伝わります。

「I understand.」

フォーマルというのは共通していましたね。

仕事で目上の人と話す時などは、これが良さそうです。

◆「Hey」と「Hi」はどう違う?

「Hi」と「Hey」どちらも挨拶で使える一言ですが、ニュアンスはどのように違うのでしょうか?

●英語ネイティブのコメント

Aさん

「Hi」は「Hello」と同等の意味のフォーマルではない言い方だよ。

それに対して「Hey」は相手の注意を引く表現だよ。

「Hey」はメールでは使わないからね。

Bさん

↑うん、確かに私もそう思っていたんだけど、

アメリカでは、30代半ばより下の若者たちは、「Hi」の代わりに「Hey」ということもあるみたいだよ。

Cさん

メールで「Hey」を挨拶として使われるのをたくさん見たことがあるよ。

でも、全くフォーマルではないね。

仕事上や知らない人とやり取りする時は使わないよ。

Dさん

私の経験上では、イギリスでも「Hey」は挨拶として使われるようになってきているみたいだよ。

Eさん

挨拶としては、「Hey」の方が「Hi」よりももっとカジュアルだな。

ビジネスメールでは「Hey」は使わない。

でも、「Hey」は子供っぽいとか女々しいというわけではないよ。

もっとも一般的に使われているのは、若い男性の間だと思うよ。

Fさん

いや、これは地域によると思う。

イギリスの大人は「Hey」は使わない。

実際、失礼だと思われるし、「Oi」=「おい」に近いんじゃないか。

「Hi」はもうすでにカジュアルだしね。

Gさん

私もイギリス出身の40代だけど、「Hey」は失礼だと感じるよ。

目上の人はもちろん、ビジネスで使うような言葉じゃないよ。

Hさん

注意を引くときの強めの「Hey !」じゃなくて、

「Hi」を緩くした方の「Hey」だろ。

Iさん

↑その通りだよ。

私もイギリス出身だけど、近しい友達や毎日会う人とは、挨拶で「Hey」と言うよ。

突発的に叫んだりしないで、緩めに言うんだ。

「Hi」と言う時と同じように、できれば暖かい感じで。

だから、世代間での違いなのかな。地域による違いではないと思う。

ちなみに、私は20代後半だよ。

Jさん

「Hey」とか「Heya」はとてもカジュアルな表現だよ。

友達に送るメールなら使ってもだ大丈夫だよ。

近しい同僚でも良いけど、良く使うのは単発的にちょっとした質問をする場合とかかな。

確かじゃない時は「Hi」を使っておけば良いよ。

Kさん

「Hi」は「Hello」が短縮された形だよ。

「Hey」は、誰かを呼ぶ時とかに使われていたんだけど、

最近は、「Hi」がちょっとフォーマル寄りになってきているから、

「Hey」がよりカジュアルな言い方として広まってきているのかも。

でも、メールなら「Hi」だね。

●まとめ

うーん、これは意見が別れている部分もあって、面白いですね!

地域による違いや世代間での違いという意見もありました。

「おい!」っていう感じで注意を引く目的で使うのではなくて、

近しい友人などの間では、ゆるい感じで親しみを込めてカジュアルに「Hey」と挨拶で使うこともあるようです。

近しい同僚などでは、人によって職場やメールでも使う場合があるようですが、

ネイティブではない私たちはニュアンスが掴めてくるまでは「Hi」を使うのが無難ですね。

最後までご覧を頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました