【英会話】7つのステップ上達法 (初心者 & 中級者用)

上達のコツ&学習法
この記事は約10分で読めます。

ENG-LIFEでは、これまで初・中級者の方の為に、どのように英会話の練習を進めて行けば良いのか、重要なポイントをそれぞれの記事にしてきました。

本記事では、それらの記事を一直線上に集めて、7ステップの上達法として補足していきたいと思います。

※ちなみに、この7ステップの中で必ずお金が掛かるのは、オンライン英会話くらいです。

既に学習を始められている方は、自分が今どのステップにいるのかを確認してみましょう。

↓↓↓ 対象の方 ↓↓↓

日常会話レベル・ビジネスレベルを

目指している初心者・中級者の方

 

「これに沿って継続していけば、誰でも英会話が出来るようになる」ような具体的でSTEP BY STEPの英会話上達法です。

それではステップ(1)〜(7)を順番にみていきましょう!

(1)目的意識・マインドセットを明確にする

目指す姿はどのようなものなのか、英語が話せるようになって何がしたいのか、

できるだけ具体的にイメージしましょう。

例えば以下のような感じです。

  • 日常会話が出来るようになって、外国人の友達を作りたい
  • 英語圏の国に行っても仕事を得て生きていけるレベル
  • ネイティブと同じレベルで話したい
  • 字幕なしでも洋画が全部理解したい
  • 英語を話す職を得たい

求める「英語力」とは何なのか、何を持って目標達成と言えるのか等の動機付けを明確にしておくことで、後々モチベーションが下がったりした時に踏ん張ることができます。

継続する強い意志を保つためにも、最初に明確にしておくべきです。

詳しくは、以下の記事で書いています。

英語が上達しない?マインドセットを見直すべし!
もしあなたが「英語が思うように上達しない」、「英語学習がなかなか続けられない」というような悩みを抱えているのだとすれば、一度、以下のポイントを考えてみてはいかがでしょうか?「英語力」とは何か? 英語力をどこまで高めたいのか?、何故、英語力を高めたいのか?、TOEICなどの指標・資格は本当に必要か?、英語力を高める方法、継続するためには何が必要か?。それでは、各項目について具体的に説明していきます。

(2)身の回りを英語環境にする。(一人で)

実践する方法として、まず始めにするべきことは、生活環境を英語漬けにすることです。

身の回りの生活環境を英語にすること以下のようなメリットがあります。

  • 実際に使うと楽しい
  • 楽しいと継続する
  • 机に向かわなくても学べる
  • 勉強時間の短縮
  • 実践力が高まる
  • 「印象付け」で記憶しやすい
  • 海外に行く必要がない

この段階では以下のように、対人ではなく一人で出来ることから一つ一つ始めて行けばいいです。

  1. スマホの言語設定を英語にする
  2. 英語でググる。
  3. 日本語で言ったことを英語でも言えるか自問する。
  4. 全てのメディアを英語にする。
  5. 見えるところに、英語を書いて貼り付ける。

ここに書いていないことでも、自分一人で英語に触れられることなら何でもいいです。

とにかく、生活の中で触れられる英語に対する表面積を最大限に広げることです。

「これ以上は英語にできることはない!」というくらいまで、身の回りのことを徹底的に英語に変えていきましょう。

詳しくは以下の記事で書いています。

(3)話す前に書けるようになる

一人で出来ることを徹底して、身の回りの英語漬けの生活環境が整ったら、次に、定期的な英会話レッスンに進みたいところですが、ここでは一旦踏み止まって下さい。

とは言え、体験レッスンなどのスポット的なものは、モチベーションが上がる良いきっかけになりますので、どんどん受けて良いと思います。

しかし、「定期的なレッスンの開始は一旦、踏み止まって下さい」ということです。

定期レッスンを始めるタイミングが早すぎれば、費用と時間を無駄にすることにもなりかねません。

↓↓↓ <重要> ↓↓↓

英語で書けないことは話せません。

話すことは、書くことよりも瞬発力が必要です。

書くことができていない段階では、英会話に必要な語彙やフレーズ、文章構成力等が足りていないということです。

詳しくは以下の記事で解説しています。

英会話講師が教えてくれない大切なこと
継続的・定期的な英会話レッスンの受講を始める前に、自分の能力が、その段階にあるかを確認をしておいた方が良いです。これを確認しないで、闇雲に英会話の定期レッスンを始めてもお金と時間を無駄にすることにもなりうるので、順番は気をつけるべきです。興味本位や軽い気持ちで英会話レッスンを受けること自体はとても良い事ですので、それ自体は否定していません。英会話の体験は全くの初心者にとって、やる気や好奇心が生まれるとても良いきっかけになったりするからです。

話す練習をする前に、対人で書いてアウトプットする練習をするのが、ステップ(3)です。

その練習方法は、テキストチャットです。

Language Exchange アプリやサイトで外国人を相手にテキストチャットを続けていけば、そのうち言いたいことが書けるようになります。

グーグル翻訳してコピペだと全く意味がないので、単語や表現を調べて、自ら文章を作ってアウトプットすることを心がけましょう。

詳しいやり方は、以下の記事で解説しています。

Hellotalkで言語交換パートナーを作る方法(Language Exchange)
本記事は、言語交換アプリであるHellotalkを使用して、言語交換パートナーを作って定期的に通話やテキストチャットでの練習をできるようにするための方法についてです。言語交換アプリやサイトはHellotalk以外にもたくさんあります。もちろん、他のアプリやサイトでも良いんですが、Hellotalkの良いところは投稿機能がある点です。

(4)英会話の定期レッスンへ進むか見極める

外国人を相手にテキストチャットをして、常用的な表現についてはほとんど調べずにスラスラ書くことができるようになったら、英会話の定期的なレッスンへ進める段階と判断できます。

見極めのポイントは、英会話レッスンを始めた時に、言葉が出てこなくてつっかえて止まってしまう場面をどれだけ減らせるかです。

一定期間、無料体験レッスンを受けて、見極めてみるのも良いですね。

オンラインサービスの無料体験を数社「はしご」すれば、一ヶ月くらいは受け続けることも出来ます。

無料体験を一定期間やってみて、まだ早いと感じるなら(会話が止まってしまう場面が多いなら)テキストチャットに戻れば良いです。

無論、上級者になっても言いたい単語や表現を知らない時はありますが、初心者との違いは、困った時に相手に委ねず、自ら対処する力があることです。

「対処する力」とは、例えば、知っている別の表現を使う・間を持たせる発言をして次に繋げるなどをして、会話している相手を困らせることのないようにできるということです。

もちろん、ここまでのことは初心者の段階では必要ありませんが、意識はしておきましょう。

(5)英会話の定期レッスンをする

唯一無二の最強のオンライン英会話サービスは、ネイティブキャンプです。

7日間の無料体験レッスンもありますので、見極めに使っても良いですね。

ネイティブキャンプは、月額6480円でレッスン回数無制限なので、毎日平均、最低でも1時間、できれば2時間くらいは話しましょう。

予約も必要ありませんので、やりたいと思った時に、空いている講師をクリックしたら、すぐにレッスンが始まります。

ブラウザでできるので、別途スカイプなどのアプリケーションも必要ありません。

ネイティブキャンプが最強である理由は以下の記事で紹介しています。

継続するためには、とにかく楽しむことです。

ある程度は緩くやるのも継続の秘訣です。

私の場合は、帰宅してからビールを飲んで晩御飯を食べてから、1~2時間くらい英会話をするのが平日のルーティーンでした。

習うというよりは、友達と話す感覚でした。

ネイティブキャンプでは、非ネイティブ講師も多く在籍していますが、全く問題ありません。

資金に余裕がある方は良いですが、ネイティブの講師のレッスンを取るために追加費用をかけたりする必要はないです。

月額の固定料金の範囲内の利用で十分です。

詳しくは以下の記事で解説しています。

【英会話】講師はネイティブじゃないとダメなの?
初心者の方が英会話を始めるにあたって、「英会話の講師は、ネイティブじゃなければダメなの?」という疑問があるかもしれません。本記事は、そんな初心者の方の疑問にお答えするための記事です。昨今流行っているオンライン英会話でも、フィリピンや東欧の方など、英語を母国語としない非ネイティブの方が講師として登録されているサービスも多いです。英会話初心者の方は、「ネイティブの先生の方が良いのかな?でも、ネイティブの先生は価格がちょっと高いな・・」など、判断に困ってしまうことがあるかと思います。

(6)身の回りを英語環境にする。(対人で)

オンライン英会話も英語漬けの環境作りの一貫です。

毎日、2時間も英語を話したら、それだけでもかなり英語漬けですね。

でも、対人でできることはそれだけではありません。

以下のうちで、出来ることを実践していきましょう。

  1. 国際交流イベントに参加する
  2. 「好きなこと」と英語を組み合わせる
  3. 英語を使うボランティアをする
  4. 英語に触れる仕事をする
  5. 言語交換アプリ・サイトを利用する
  6. オンラインゲームに英語で参加する
  7. 英語話者のいるシェアハウスに住む

住まいを変えたり、仕事を変えたりするのは、誰にでも簡単に出来ることではありませんが、

それ以外のことは、やろうと思えば誰にでも出来ることだと思います。

もちろん、ここに書いていないことでも、対人で英語を話せることであれば何でも良いです。

詳しくは以下の記事の、「生活を英語漬けにする(対人で実践)」をご覧いただければと思います。

誰でもできる!自然に英語力を高める方法 →「英語漬け」の生活
英語力を高めるために、ひたすら机の上で勉強だけを続けていくことって、きつくないですか?ひたすら机上の勉強を続けていくことは、もちろん有効ですしインプットは出来ますが、実際に使わないことには、そして、アウトプットする機会を増やさないことには、実践力は高まりません。たくさん覚えても、TOEICなどの点数が上がっても、実践の場で使わないと楽しくないんです。楽しく継続するためにも、勉強に加えて英語漬けの生活をすることが大変重要です。

(7)進捗の確認・最適化

この調子で進めていき、効果を感じているなら、そのまま進んで良いでしょう。

このやり方で楽しんで継続している限りは伸びていきます。

しかし、もし伸び悩みを感じている場合は、一旦、英会話レッスンが最適化できているかどうかを確認しましょう。

例えば、英会話レッスンにおいて、言葉が出てこなくて止まってしまう場面が多い場合は、テキストチャットの段階に戻る必要があるかもしれません。

何故なら、時間を使っても言葉が出てこない場面が多いということは、テキストチャットで書くことすら出来ない内容が多い可能性があるからです。

この場合、英会話の定期レッスンを始めるタイミングが早すぎた=見極めのポイント間違えたということになります。

英会話のレッスンは講師を相手に限られた時間の中で行いますので、

英会話レッスン以外でも鍛えられる要素は、自分一人で最大限に鍛えた上で、英会話レッスンに臨む方がはるかに効率的です。

英会話に必要なスキルを分解して、それぞれの要素が十分に鍛えられているか確認してみましょう。

リスニングも自分一人で訓練できる要素ですよね。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

【英会話】🔰初心者はどうするべき?
本記事は、英会話の初心者の方、これから英会話を出来るようになりたい方を対象とした記事です。ビジネス会話程度の英会話が出来るようになることは、そんなに難しいことではありません。全くもって臆することはありません。日本生まれ・日本育ちである以上、帰国子女でもない限りは、みんなスタート地点は同じです。もちろん、生まれ育った境遇や環境によって、恵まれている人・そうでない人がいるのも事実ですが、それを言っても仕方ありません。やり方次第で、誰でも出来るようになります。じゃあ、どうすれば良いの?というところを本記事で書いていきます。

◆期間はどれくらいかかる?

既述のように、大きく分けて二つの重要なステップがあります。

  • テキストチャット =ステップ3
  • 英会話の実践練習 =ステップ5&6

●テキストチャット(=ステップ3)

まず、テキストチャットの期間についてですが、これは、どれだけ英語知識のベースがあるかによりますので、身も蓋もないですが、人それぞれです。

毎日、1時間でも2時間でもチャットを続けていけば、一ヶ月後にはレベルが上がっていることを感じられるでしょう。

それを積み重ねて、進捗を見ていきましょう。

文章構成を理解して、文章を組み立てる力さえあれば、小難しい文法知識などは必要ありませんので、中高で学んできたような小難しい文法用語を知っているかどうかは関係ありません。

文法用語に苦手意識がある方でも、本質はそこではありませんので、そこはお気になさらないように。

テキストチャットで使いたいものから、必要に応じて覚えていけば良いのです。

ものすごい英語が苦手で、知識がゼロの方でも、半年・一年と続けたら、それなりに成果が見えてくるはずです。

●英会話の実践練習(=ステップ5&6)

これも人それぞれなので難しいですが、ここまできたということは、テキストチャットで書く能力を鍛えた後ですので、英会話に必要な知識はある状態です。

スピーキングについては、それを速やかに正しくアウトプットする能力を鍛えるだけです。

リスニングは自分一人で訓練できますので、これをどれだけやったかによっても、かなり変わってきます。

リスニングの訓練が少なすぎて、レッスン中に聞き取れないことが多ければ、一人で十分に訓練してからレッスンに臨んでいる人に比べて成長スピードは遅くなりますよね。

英会話レッスンを最適化できているかどうかで必要期間が変わってきます。

何れにしても、3ヶ月、半年、一年と続けていれば、自ずと成果は見えてくると思いますので、そこでモチベーションをさらに上げられて、レッスン効率が上がってくると良いですね。

◆まとめ

如何でしたでしょうか。

全部で7ステップありますが、見極めながら、一つづつ進んでいけば良いです。

  • 一つ一つを進めていって、次の段階に進むべきかを見極める。
  • 見極めて、良かったら次の段階へ進む。
  • 進んでみてダメだったら、前の段階に戻る。

わからなくなってしまったら、改めて自分がどのステップにいるかを確認してみましょう。

継続するために大事なのは、とにかく楽しむことです。

英会話初心者の方に、少しでも参考になれたらとても嬉しいです。

最後までご覧をいただき、有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました